ギャンブル依存症の彼に多額のお金を貸しました。

私は26歳女性です。
5年ほど前に付き合っていた彼氏がギャンブル依存症で、パチンコとスロットに没頭していてお金が無いにも関わらず私のお金を奪ってでもギャンブルをずっとしていました。
彼が実家に生活費を入れないために親から追い出されてしまい、うちの実家に転がり込んで生活をしていました。
最初は2ヶ月だけの約束でしたが、2ヶ月経っても家を出る気配がなく私の通帳と印鑑を持って勝手にお金をおろしていたりして、私の預金残高がなくなっていたりして悲惨な目にあいました。
そんなお金の被害にあっている中、子供ができてしまい妊娠12週を過ぎていて普通の分娩の形で子供をおろす事になり費用が入院費など含めて50万円近くかかりましたが、それも私の親に出してもらう事になり後から私が親に全額返済をしましたが、彼からは1円も返してもらう事ができませんでした。
100万円近い被害額がでて精神的にまいって彼からの回収は諦めて私から音信不通になり関係を絶ちました。
一緒に居る時間が、長ければ長いほどもっと貸していく額が増していくと思うともっと早く関係を切ればよかったと思います。
もしくは収入証明書不要カードローンを紹介したりして、自分からはお金を貸さないようにすれば、もう少し何とかなったのではって思っています。

Read More

金持ちの彼に貢いでもらいました。

私は26歳女性です。
就職して1年で辞めてしまい、飲食店でのアルバイト生活をしていて10万円にもならない稼ぎで貯金もあまりしないまま遊んで暮らしていました。
だんだんと、物欲が激しくなってきてブランド物などにこりだしてアルバイトのお金だけでは足りなくなってきました。
お金が欲しいなら、水商売をしている友達にお金持ちの人を紹介すると言われ、30代後半の会社経営をしている人を紹介されました。
出会った初日は友達も含めてご飯を食べてカラオケに行き軽く遊んだだけで1万もお小遣いを貰いました。
単純にラッキーだと思った私は彼と連絡先を交換して遊ぶようになりました。
少し高価なイタリアンで食事をしてドライブを楽しむだけで最低1万円のお小遣いをもらえましたし、遊び代も全てだしてもらえるのでとてもおいしかったです。
週に1度は遊んだので月に5万円くらい入ってきて好きな物を買えて幸せでしたが、遊び人の彼は飽きたら違う女の子と遊ぶ習性で半年も経たないうちに疎遠になってしまいました。
なかなかおいしい事は長続きしないです。

Read More

節約のために大金を持ち歩かない

 1万円ぐらい持っていても、買い物をして1万円を崩すとすぐなくなってしまう。買い物でも1千程度でもそんなにもたない。少し値がはる買い物をすると1万円はすぐなくなる。そうかと言って10万円以上持ち歩くのはいつ盗まれるかという心配がある。ただあまり小額だと買い物もままならないが、買い物を控えて節約になる。
 持ちち歩くとすれば、せいぜい5万円までがいいのではないかと思う。その程度くらいならばけっこうお金も保つし、大きな買い物をしなくてすむ。それが節約になる。
 買い物でよく利用するのは農産物直販所である。この直販所は安いし、生産者の名前の表示があるので安心して買い物ができる。ただこの直販所に肉はあまりないし、魚介類はおいていないのが欠点である。
 節約をするなら必要でない物を買わないことであろう。よく衝動買いをしてしまう当事を聞くが、これは無駄な物を買ってしまうことになるので、あまりやらないほうがいいと思う。大金を持ち歩かなければ、衝動買いをやりにくくなるのだろう。衝動買いをするにしても持ち金がないならば諦めがつくのではないかと思う。
 

Read More

私の無駄遣いをしないための工夫

世の中にはたくさんの節約術があり、皆多かれ少なかれ自分なりの節約に対するこだわりなどがあると思いますが、一口に節約といってもなかなかそう簡単にできるものではないなと私は思います。
例えば光熱費を節約するとして使っていない電気はまめに消すとかコンセントは抜く、あるいはお風呂の残り湯で選択をするなどといった節約法はよく耳にしますが、こうしたことを毎日行っても年間にして節約できる金額などごくわずかです。もちろん何もしないよりはどんな些細な節約でも行ったほうが良いに決まっていますが、そうした生活するうえでの工夫よりもまずは無駄遣いをしないことが一番節約になるんじゃないかなと私は思います。
なので私は普段食材の買い物に行くときには、絶対にお腹をすかせた状態では行きません。お腹が減っていると惣菜やお菓子などについ目がいってしまい、結局無駄な買い物をしています。なので私の場合、スーパーに行くときにはまずお腹を満たしてからかお腹がいっぱいのタイミングで行くようにしているのでした。

Read More